5月11日(土)曙橋 バックインタウンでの単独ライヴ!

2019/06/10

今年も PP&M・FC 京都フェスタは大盛況!

 
6月1日(土)京都のバンドを中心に準備をしていただいた京都フェスタが開催
されました。今年で4回目。出演バンドが河原町四条近くの会場、都雅都雅に
午前中から続々と到着し11時からリハ。そして、13時ライヴ開始。

カボションズはリハの後、別の場所で声出しをしてお蕎麦のランチをしてから
会場に戻りました。既に大勢のお客様が詰めかけて、今年も大盛況。

参加した13バンドは出演順に ①SUN ②カミングロード ③PePeM ④スマイリン
⑤村の合唱団 ⑥Piece of Forest ⑦タノメイツ ⑧カボションズ ⑨B.B&M
⑩Commons & Kisho ⑪Cherry Lane ⑫ダッシュセカンド ⑬Reunion。
各バンドが4曲づつ演奏しました。  

61892188_419266202136827_2106606726257049600_n

 カボションズの演奏曲は

 When The Ship Comes In
 A'Soalin'
 I'd Rather Be In Love
 Hangman

 今回もベースは小篭 浩。



バンド演奏の第一部の後はセッションも行われました。8時までの長時間でしたが
楽しくて、あっと言う間の一日でした。

今年嬉しかったのはカボションズ宛に福井の方から予約の連絡があり、当日お目に
掛れたこと。お話を伺うと、若い頃からPP&Mの大ファンで、地元では聴く機会が
ないので京都まで聴きに来て下さったとのこと。ご一緒のテーブルで楽しいひと時
を過ごすことができました。来年も是非また来て頂きたいです。

7470d1ab-s これはセッションでの
 Marvelous Toy。

 ベースシストが小川文男氏
 に代っています。

 バンドを組んでいない方も
 即座にPP&Mスタイルが実現
 出来るところが素晴らしい。
 大勢のエントリーがあって
 大いに盛り上がりました。 


翌日、カボションズは伏見の酒蔵地区を散策。十石舟にも乗り、ランチは酒蔵で鶏料理。
午後は三十三間堂でゆっくり時間を過ごしました。京都のフェスタは毎年こんなふうに
お楽しみ付です。

DSC_4199



michikovocal at 00:20
5月11日(土)曙橋 バックインタウンでの単独ライヴ!